一戸建ての種類について

一戸建て住宅は土地と建物がセットになって販売されている建売住宅と、所有している土地に家を建築する、または土地の購入と共に建築する注文住宅とで大別されます。


どちらも大きな特徴があり、メリットとデメリットがあるため、それらを十分理解した一戸建て住宅の購入をすることが求められます。



まず建売住宅は、その大半が、広い土地に区画された土地に建てられる分譲住宅です。



このメリットは注文住宅に比べて非常に低コストで購入できることであり、その理由としては、テンプレート化された建築計画を利用し、工期が短縮されることで人件費などが削減されていること、資材の大量購入によりコストカットが成されていることなどが最も大きな理由となります。

MBSニュース情報の差に驚きました。

また、分譲地全体が一つのプロジェクトとして開発されており、プロジェクト単位の収益が期待されているため、売れ残り物件がでれば大幅な値下げをして完売するというビジネス展開をしていることも安さの理由といえるでしょう。

しかし、量産された住宅のため、外観が隣接する住宅と似ているためオリジナリティが無い事や、建築設計に携われないため、間取りの自由が効かないといったデメリットがあります。



住宅購入費用を抑えたい方にとっては非常におすすめといえます。



一方、注文住宅は建築設計から依頼することになるため、自由な間取りの選択ができることが最も大きなメリットとなります。



しかし、建売住宅にくらべて費用が高くなることがデメリットとなるます。



現在では、ある程度テンプレート化された建築設計の中から選択することでコストが抑えられたプランもあるため、費用面での負担は減らすことも可能です。



一戸建て住宅にこだわりを持ちたいかたには是非おすすめといえます。

関連リンク

一戸建て住宅と敷地内の地面について


一戸建て住宅を購入された方、あるいは注文住宅として建てた方も存在しています。購入する際には気付かなかったことでも、実際に居住してみると、不具合などが生じることもあって、後にリフォームなどを行う必要が出てくる可能性を持っています。...

一戸建ての種類について


一戸建て住宅は土地と建物がセットになって販売されている建売住宅と、所有している土地に家を建築する、または土地の購入と共に建築する注文住宅とで大別されます。どちらも大きな特徴があり、メリットとデメリットがあるため、それらを十分理解した一戸建て住宅の購入をすることが求められます。...